特別養護老人ホーム いやしのさと

☎0749-35-0216(代)

見学・相談はお気軽にお問い合わせください

​平成16年障害をお持ちの方が安心して老後を過ごせる場を作りたいと考えていた理事長の想いから「いやしのさと」は誕生いたしました

​障害者福祉サービス事業所あすなろ園の敷地内に入所50床、ショートステイ10床、デイサービス20名定員の施設としてスタートいたしました

施設敷地内には多くの樹木を配し外出が難しい方にも季節感や自然を感じていただけるようにしております

​ご面会される場所もゆったりとくつろいで頂けるように余裕のあるスペースを設けています

共同生活の場であっても、​時にはお一人でゆっくりくつろいで頂けるのがユニット型の個室の特徴でもあります

お風呂もご利用者様の状況に応じた浴槽を3種類用意しており、ゆっくりと楽しんでいただけます

天ぷらパーティ、野外バーベキュー苗植え等、季節に応じた行事を通して日常の中にも、生きがいや意欲を高めていただく取り組みを行っています

「食べていただく楽しみ」を、いやしのさとでは重点をおいており施設内に歯科診療台を設けており歯科医師、歯科衛生士が施設内にて治療を行います

また循環器内科、精神科の医師の診察も施設内で行いますのでご利用者様やご家族様の病院受診にかかる負担を減らします

 
特別養護老人ホーム入所申込(変更届出)書
(別紙)担当ケアマネジャー等の意見書
(別記様式)特例入所申込理由書
​PDF形式
​WORD形式

“いやしのさと”運営方針

 

1、理念

高齢者の自立と個人の尊厳を重んじ、一人一人の生きがいを追及する中で、明日に向かって生きる活力と行動力を生み出すことが施設の使命であることを自覚して、老人福祉の発展向上に貢献します。

 

2、目的

入居者の一人一人が、家庭的な環境のもとにいやされる雰囲気を醸成し、心豊かな生活の実現をお手伝いするとともに、介護サービスの質的な充実向上を図りながら、健康で文化的な生活の実現につとめます。

 

3、目標

(1)あすなろ木のように明日へ大きく、力強く生きる。

(2)アットホームな雰囲気の中で生き甲斐に満ちて生きる。

(3)暮らしの中に個性が輝く人生を生きる。

 

4、具体的な実践目標

(1)利用者の皆さんのニーズに沿ったサービスを提供し、自立の促進に努めます。

(2)利用者の皆さんが、各種ボランティアや地域との交流を通じて社会性を身につけられるよう、ノーマライゼーションの実現に努めます。

(3)職員一人ひとりの自己研鑽によって、資質の向上を図り、利用者の皆さんに対するサービスの質の向上につとめます。

(4)地域の方々が、安心して利用できる施設として、施設の運営や事業内容を透明にする情報の公開に努めます。

 

5、介護の心得

(1)利用者の皆さんと対等の関係で接し、サービスの質の向上につとめます。

(2)利用者の皆さんの個性と主体性を尊重し、介護サービスに生かします。

(3)利用者の皆さんが、話しやすい雰囲気づくりに努めます。

(4)感受性を豊かにして、利用者の皆さんのニーズに即したケアを行います。

(5)利用者の皆さんの気持ちを受け止め、ケアする心で接します。

(6)利用者の皆さんを一方的に非難しないよう自戒する心を大切にします。

(7)利用者の皆さんのプライバシーを守り、秘密は決して他言しません。

(8)介護の専門職として、常に研鑽を積み、利用者の皆さんから学ぶ姿勢を大事にします。